肩こりのはじまり

幼い頃から姿勢が悪く、父親によく注意されていました。
小学5年生の時には、担任の先生から「お子さんはチック症なのでは?」と言われ、母親が心配していろいろな病院に連れて行ってくれました。その結果、肩こりが原因で変なクセが出ていたことがわかりました。治療のため首の牽引などを受けていたのですが改善されず、生活に支障がなかった為にいつしか通院しなくなってしまいました。
25歳の頃には、交通事故に遭いむちうちになりました。すぐに首のMRIをとると、「事故の影響だけでなくもともと首の椎間板が狭くなってますね。このままにしておくと将来つらい思いしますよ。」と脅かされました。不安になり、整形外科・整体・マッサージ・カイロ・鍼灸・・良いと紹介されれば通院し、少し良くなるとやめたり病院を変えたりを繰り返してきました。

からだ回復センターとの出会い

35歳の頃、知り合いの勧めでリフレクソロジーを習いました。「人の身体に触れる仕事につきたい」と思い始めましたが、体力面の不安もありなかなか転職することができずにいました。
それから10年以上が経ち、やはりあきらめきれず「働きながら勉強をして整体師になる事が出来ないか」と探していたところ、からだ回復センター北浦和院の募集を目にしました。自宅からも近かったので、「これは何か自分を変えるチャンスかも・・・?」と思い応募しました。
そして、面接の時に初めてからだ回復センターの施術を受けました。今まで自分が受けていた施術とは全く違う方法で、とても驚きました。押したり揉んだりせずに、揺らしたり回したりととても優しい施術だったのです。強い刺激が肩こりに効いていると思い込んでいたので、こんなに優しい施術で良くなるなんてとても信じられませんでした。『強く施術することは、より身体を傷つけていること』『優しい施術は、脳に安心させる刺激を送り、身体の緊張をとり、骨盤の歪みをとっていくこと』を知り感銘を受けました。
また、施術だけでなく自分では気づかなかった癖や毎日の生活習慣で出てきた歪みを取る簡単な体操を教えて頂きました。ちょっとした生活習慣でこんなにも体が変化出来ることに驚き感動しました。
以前事故後の病院で、将来の首の状態を脅かされ不安に思った気持ちと『からだ回復センター』で毎日の少しの体操と施術で良くなる事を伝えられた時の気持ちを比べると、天と地ほどの差だと思いました。「体だけでなく、気持ちまで楽になれる。こんな所で働きたい、学びたい!」と強く思いました。
「この施術なら患者さんの身体へ負担なく骨盤の歪みをとることができるだけでなく、私自身の身体へも負担なく施術することができる」と思い働き始めることにしました。

お客様へのメッセージ

幼いお子さんから、ご年配の方まで、安心して施術を受けていただけます。短い時間で身体に負担をかけない施術です。
長い間、我慢に我慢を重ね、どんどん症状を悪化させていませんか?
もう我慢はやめましょう!一日も早くからだ回復センターにいらしてください。
皆さんが“健康で幸せ”と感じる日々を過ごせる様にお手伝いをしていきます。