アパレル業界から医療業界へ

私は大学在学中から洋服販売のアルバイトを始め、接客業の楽しさを知りました。身に着ける洋服を変えると相手に与える印象も変わり、今まで知らなかった新しい自分に出逢えたり、気持ちまで明るくなったりします。
この仕事を通し、人の笑顔を見ることがとても好きになり社員になって約6年間夢中で働きました。しかし華やかなイメージとは逆に体力勝負な長時間労働での腰痛に加え、ヒールで走り回って足はむくんで豆だらけ…笑 体調を崩し無理矢理働くこともしばしばで、健康でないとやりたいこともできないし力も出し切れないんだと思い知らされました。
その後健康に関わる仕事に就きたいと考え病院の受付・事務に転職。やりがいがありお客様とも仲良くさせて頂いていましたが、私の抱いた疑問は次第に大きくなっていくことになります。 お客様の飲む薬の量に驚いたこと。
そして定期的に痛み止めや膝の注射を打つお客様がとても多いということ。こんなに薬を飲んだり注射をして体にいいのだろうか…いや、いいはずがない。でもその効き目が切れたらあのお客様達はまた薬や注射が必要になる。一生この生活を繰り返すしかないのだろうか…。

骨盤リセット整体との出会い

そんな時、弟がからだ回復センターで働きだしたのです。たまたま私が思っていたことを話すと思いがけない返事がかえってきました。
「薬や注射は痛みを一時的にただおさえているだけだからね。でも整体なら根本的に症状を改善させることができるよ。しかも骨盤リセット整体はお客様の負担を少なくすることを考えた整体なんだよ。」と。
実際に体験しその優しい施術にとても驚きました。そしてどこへ行っても改善しなかった腰痛の友人を紹介したところよくなったと感謝され表情まで明るくなったのです。 体を整えることによりその方の可能性を広げ笑顔を増やし、人生をよりよくするお手伝いができる。
整体はとても素敵なお仕事であり、私もそれができたらとても幸せだなと強く思いようになりました。そして後悔しないようからだ回復センターで技術を習得しようと決心しました。

体調に異変!

介護の仕事は体を使う重労働でしたが、私は今まで大きな病気もなくどちらかといえば丈夫な方でしたので難なくこなせていました。しかし、ある時、急に腰の力が入らず崩れ込んでしまうことに!
後で分かったのですが軽いギックリ腰でした。しばらく痛みがあるもすぐに良くなったので、何もなかったように仕事をしていましたが、今度は腰に鈍い痛みが不定期に起こるようになり、 さらに右肩甲骨の辺りの背中に痺れがでるようになりました。そして、一日外に出歩くと長時間立っていられない状態になり、それでも何とか我慢できる範囲だったので病院とかには行かず、 そのまま不安を抱えながら過ごしていました。

整体との出会い

そんな時、介護の大先輩(北浦和院院長、秋月孝太郎氏)が整体師として転職したとの知らせがあり、 受けてみることになりました。今まで整体とか全く受けたことがなく、 イメージしていたのは温泉とかに出てくるマッサージのようなものだと思っていました。
しかし、思っていたのとは全然違った!!  え?体が歪む?何それ?・・・というか体の歪みなんて全然考えたこともなかったし、施術前の検査を受けて、自分の体がこんなに歪んでいたのか!と、知るにいたり、二重の驚きでした。半年くらい通う頃には腰の鈍痛と背中の痺れは全く消えてしまっていました。

患者様へメッセージ

体の歪みをとることにより痛みが改善するとともに自然治癒力も高まり、風邪をひきにくくなったりこれから起こり得る症状の予防にもつながるんですよ。
今のあなたの体は今までのあなたの生活が積み重なった結果です。これから先のあなたの大切な人生の為に、今できること始めませんか? 一人でも多くのお客様に笑顔になって頂けるよう、私が精一杯お手伝いさせて頂きます!