妊娠中の腰痛には2種類の原因があった?!妊婦さんの腰への負担をやわらげる3つの方法★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは♪からだ回復センターの下條進です。
今日は11月ももうすぐ終わり…あっという間に師走になってしまいますね。

さて、今回は妊娠による腰痛についてです。

腰痛は、妊婦さんの大きな悩みの種とも言われています。
かわいい赤ちゃんがお腹の中にいる幸せが膨らんでいく一方、赤ちゃんの重さによって、腰への負担も膨らんできます。
元気な赤ちゃんを産むためにも、妊婦さんでいる間はずっと健康体でいたいものですね。

妊婦さん必見!腰痛の原因とは?

妊婦さんの腰痛には、主に2種類の原因が考えられます。

一つ目は、先ほどお話しした、重さの変化によってかかる負担によるものです。

2つ目は、妊婦さんに分泌される卵巣ホルモンによるものです。
このホルモンは、腰まわりの靭帯やおしりの筋肉を緩めて赤ちゃんを出産しやすくする働きを持っていますが、他の部位でゆるんだ腰を支えようとするので、腰痛が起きてしまいます。

また、妊婦さんになるとつい出不精になり、パソコンの前で一日を過ごしがちな方も増えています。
じっとしたままの体勢や目の使い過ぎもまた腰痛の原因となりますので、意識して息抜きを取り入れてくださいね。

仲良くしよう♪腰痛との付き合い方

このように、妊婦さんと腰痛は、切っても切り離せないものです。
私だけが…と思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してくださいね。

ここでは、腰痛の対処法について簡単にご説明いたします。

まず、腰痛改善の強い味方と言えば、骨盤ベルト!
最近では骨盤矯正ダイエットなども流行っていますから、インターネットなどでも安く簡単に手に入ります。
妊婦さんの素敵な体をやさしく包む、伸縮性の高いものを選んでくださいね。

腰痛に有効な2つめの対処法は、運動です。
運動といっても、ランニングなどの激しいものではなく、ヨガやストレッチなど、体の伸びを感じられるエクササイズです。
安定期に入ったら、妊婦のお友達と一緒にストレッチをしてみるのも良い気分転換になりますよ。

そのほかにも、湯船にゆっくりと入り、血行促進させるのも腰痛を和らげる方法のひとつです。
お水が好きなら、スイミングもおすすめです!
あなたに合う方法を見つけて、楽しい妊婦生活を送ってください♪

というわけで、妊婦さんが腰痛を和らげるための方法は

  1. 骨盤ベルト
  2. 適度な運動(ストレッチなど)
  3. 血行促進(湯船にゆったりつかる等)

上記3つ!

からだ回復センターではストレッチの方法や、腰痛を和らげる姿勢などをお伝えしていますので、「自分でできるようになりたい」という方がいらっしゃる場合には、是非お気軽にご相談ください。

今回の話はここまで。
皆様お大事に!

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『妊娠による腰痛』で悩む方のための施術・ご相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)