痛風はなってしまった後にも注意すべし!足のバランス崩壊が腰痛を引き起こす?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋といえば、食欲の秋。サンマの美味しい季節になりました。
というわけで?サンマにビールでグイっとイキたい からだ回復センターの下條進です!

今回は、「痛風」の情報をお伝え致します。

触れるだけで痛い?!「痛風」について知ろう!

「痛風」・・・それは、現代社会の中で大きな問題とされている、”生活習慣病”から引き起こされる病気です。
運動不足や食べ過ぎなどの良くない生活習慣が続くと、今までは正常に機能していた代謝機能が崩れていきます。
すると、尿酸が作られすぎたり尿酸を正常に排泄することができなくなるなどして、血液中の尿酸値が上がってしまうのです。

血液中に増えてしまった尿酸は主に関節などにとどまり、結晶化してしまいます。

この結晶が大きくなって剥がれ落ちると、体は関節を守ろうとして白血球が活発に活動し始めます。つまり、”炎症”ですね。

痛風は特に、寝ている時に痛みます。寝返りをうっただけで足がとんでもなく痛いという方、痛風の危険ありですよ。

なぜ?痛風と腰痛の意外な関係

痛風の症状が現れてしまったら、ひとまず患部を冷やすことが大切です。
また、しっかりと休養することも忘れずに。

痛みを我慢できるからと言って、普段どおりてきぱきと歩いたり急いで電車に乗ったりすれば、関節の炎症が悪化するだけでなく、関節自体にダメージを及ぼす可能性もあるからです。痛風に無理は禁物です。

特に、足指の関節などに痛みを感じる場合、歩く時には足の関節をかばって左右の足のバランスが悪くなったりします。
足のバランスが悪くなれば腰のバランスも崩れますので、腰痛になる方もいらっしゃいます。

【腰痛に関する過去記事一覧】

腰痛は、痛風とは関係ないだろうと思われがちですが、意外や意外、とても密接に関係しているのです。こんな時はまず痛風の痛みを和らげることに専念しましょう。
そうすれば、自然と足腰はもとの位置へと戻り、腰痛も和らぎますよ。

痛風の痛みは、数日たてばおさまってくることがほとんどです。しかし、落ち着いたからと言ってまた食べ過ぎたりしてしまうと、すぐにぶり返してしまいますのでご注意を!
そもそもの原因は、悪しき生活習慣にあるのです。プリン体は、尿酸を作るもととなる物質ですので、ビールを飲むならプリン体ゼロのビールがお勧めです♪

痛風と腰痛に関するお話はここまで。
皆様お大事に!

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『痛風』による腰痛に悩む方のための施術・ご相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)