背中が丸まってきた?!…それ「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」が原因かも?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

からだ回復センターの下條進です。

今回は、誰もが耳にしたことがある、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)についてご説明いたします。

【[腰]に関する過去記事一覧】

え?骨が生きてるってどういうこと?!

骨粗鬆症は、骨の密度と密接な関係があります。

私たちは、骨というものを硬くて当たり前と認識していますが、老化や栄養不足などによって、この骨が脆くなることもあるのです。

では、なぜ脆くなってしまうのでしょうか?まずは、骨の働きについてご説明します。

骨は、骨代謝によって骨を維持しています。古い骨を分解し、新しい骨を生成するというサイクルを繰り返すことで、常に新鮮な骨の状態を保っているのです。
そういったこともあり、「骨」は生き物…ということもできるのです。

ちなみに、骨はカルシウムの貯蔵庫の役割も果たしています。
カルシウムは、体の運動や神経系の活動に大切な成分です。体内でカルシウムが不足した時は、骨の中から補うこともあるのです。

一見、その場にいるだけで何も仕事をしていないように感じる骨ですが、実は、体を維持するためには欠かせない存在なのですね。

こわい!骨粗鬆症で出る症状

このように、骨は代謝や周りの組織とのバランスを保ちながら常に活動しています。子供が大人へ成長する時には骨はどんどん成長し、太く長くなっていきます。

しかし、老化が進んでくると、骨の生成が行われず、分解する量の方が増えていく傾向にあります。

この状態では、健康で硬い骨は保てず、密度が低くなり、脆くなってしまいますね。これが、いわゆる骨粗鬆症です。

骨粗鬆症は骨が脆くなる症状ですので、症状が軽い場合は気が付かないことがほとんどです。

しかし、症状が悪化すれば、何らかの力が加わった拍子に突然骨折することもあります。

また、背骨の場合は、少しずつ骨が変形していき、重い腰痛を引き起こす原因となってしまいます。重度になると、布団から出られなくなってしまう恐れもあります。

「最近腰が張る」「仰向けに寝るのがつらい」「背中が丸くなってきた」「寝返りがうてない」などの症状をお持ちの方はいらっしゃいますか?少しでも心配がある方は、ぜひ専門家にご相談ください。

というわけで、「骨粗鬆症」に関するお話はここまで。
皆様お大事に!

浦和、大宮、北浦和、与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『骨粗鬆症』で悩む方のための施術・アドバイスを実施しております!お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)