腰の激痛には即効性のある投薬治療が効果的!?ただし副作用に要注意!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!からだ回復センターの下條進です。寒い朝は、ホットコーヒーでほっと一息つくのが日課です。みなさんはどんなことをして一日のスタートをきりますか?

さて、今回は投薬治療について少し触れてみたいと思います。

病院で行う投薬治療

腰痛をお持ちの方で病院へ行かれた方は、もしかしたら経験があるかもしれません。投薬治療は、病院で行う腰痛治療の代表です。注射や内服薬などたくさんの種類がありますので、患者さんの症状を診て、最も良いと思われる治療を行います。

副作用あり?!即効性のある消炎鎮痛剤

例えば、ぎっくり腰や急性ヘルニアなどによって激痛を訴える方には、痛み止めの薬を投与します。これはいわゆる消炎鎮痛剤と言われる薬で、注射して神経に麻酔をかけ、痛みを感じさせなくするものです。注射の他にも内服薬や座薬という形で服用することも可能です。痛みをおさえる効果は、注射がもっとも大きいのですが、その分めまいや吐き気などの症状が出たりすることもあるので、体へ負担がかかることも事実です。

内服薬は注射ほど強くはありませんが、やはり胃痛や胸やけなどの症状が出る場合もあります。痛み止めを使う治療法は根本的な解決にはなりませんが、確実に激痛を緩和させることができます。ひとまず痛みを取り除き、その後の治療をどのようにするかを考える。という流れですね。

血行促進材、筋弛緩剤は安全?投薬治療について知ろう!

投薬治療では、痛み止めの薬以外にも、血行を促進させる効果のある薬や筋肉をほぐす筋弛緩剤を投与することもあります。急な痛み止め治療が必要なく、症状が明確な腰痛に関しては、神経や筋肉の働きを、正常に戻すことで解決することも多々あります。運動ができない状態の方でも、この投薬治療を行えば、血流を良くしたり、筋肉をほぐしたりすることができるのです。ただ、こちらの治療もある程度の副作用が伴うことも忘れてはいけません。特に、妊娠中の女性などが服用してはいけないものがありますので、しっかりと医師へ伝えてくださいね。

ところで、からだ回復センターでは、副作用がなく痛みもない”神業”で、みなさまの腰痛を改善するお手伝いをしております。リラックスしながら楽しいお話をしている間にみるみる腰痛が軽くなっていく快感を、是非一度味わってみませんか?

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『腰痛』で悩む方のための施術・ご相談に対応しております!お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)