う、動けない…?!椎間板ヘルニアについて知ろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!
からだ回復センターの下條進です。

今回は、来院される患者様が多い「椎間板ヘルニア」に関するお話をさせて頂ければと思います。

椎間板(ついかんばん)ってなんだろう?

椎間板は、ブロック状の骨である椎骨と交互に重なって背骨を作っている軟骨組織です。
椎骨が滑らかに動くのを助け、また椎骨の負担を吸収・発散するクッションの役割もしています。

この椎間板は、中心に柔らかいゼリー状の髄核があり、それを丸く囲む形で繊維輪がある、二重構造をしています。

こんな症状出ていませんか?

椎間板ヘルニアというのは、内側にある髄核が、何らかの原因で繊維輪を破って外側に出てきてしまう症状のことです。

椎間板ヘルニアの症状が出た場合はもちろん腰痛が起こりますし、外側に出てきた髄核が神経を圧迫することによって、痛みやしびれも感じます。

これは、筋・筋膜性腰椎症(詳しくは、当サイト『激しい運動が引き起こす悲劇!筋・筋膜性腰椎症について知ろう』をご覧ください)などの腰痛とはちがう種類の病気ですね。
痛み度合は、ぎっくり腰と同じくらいつらいものと言われています。

ヘルニアってどういう意味なの?

ところで、ヘルニアヘルニアと言っていますが、ヘルニアとはどのような症状かご存知でしょうか?

実は「飛び出ている」状態のことを指します。

この椎間板ヘルニアという病気は、とてもやっかいなことに、20代30代の世代に多い症状です。

大学や会社で、ヘルニアがまた出てさ…などと話している方はいませんか?
意識して聞くと、意外と罹患されている方が多かったりします。

前かがみにご注意!

椎間板は、椎骨の間にあるものですので、前かがみになったりすると、必然的に椎間板内の内圧が上がります。

このような姿勢の時、ヘルニアの症状が強く出ることが多いです。
ヘルニアが出てしまったら、痛みを感じる時の姿勢とは逆の姿勢をとると、痛みが和らぐこともあります。

日常生活では、ヘルニアの症状が悪化しないよう、激しい運動や前傾姿勢を避け、なるべく安静にすることが大切です。
安静にしていれば、ヘルニアは小さくなります。

症状がすぐに落ち着く場合や、対処法がある場合は大丈夫ですが、症状の度合によっては、手術が必要になるケースもあります。

神経を圧迫し続けている状態は、特に良くありませんので、しっかりと先生に相談して、今後の対策を練りましょう。

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『椎間板ヘルニア』で悩む方のための施術・ご相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)