ご注意ください!腰痛になりやすい人の5つの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回(『腰の構造を知ることが腰痛解決につながる?!』)は、腰を正常な状態を保つためには腰まわりにある骨や筋肉のバランスを保つことが大切というお話をしました。このバランスが崩れると、腰痛の原因となってしまいます。

では、どのような方が、腰のバランスを崩しやすいのでしょうか?

基本はS字。猫背は禁物!

まずあげられるのは、姿勢が悪い方です。

腰が正常な位置にあるためには、腰椎を含む背骨が正しく美しいS字カーブを描いていることが大切。しかし、歩くときに背中が丸まっていたり、座ったときに腰が丸まっていたりすると、きれいなS字カーブではなくなってしまいます。

つまり、あるべき位置にあるべきものがおさまっていないため、体のいたるところにゆがみを作ってしまうことになるのです。

姿勢にもご注意!

そして、長時間同じ姿勢でいることが多い方も要注意です。

動かずにずっと同じ姿勢を保つことは、実はあまり体によくありません。姿勢を支えている腹筋や背筋などは、適度に動かしてあげないと、疲労がたまり、こり固まってしまいます。

デスクワークを何時間もした後、立ち上がる時に「うっ」と背中や腰に痛みを感じた経験はありませんか?これは、筋肉が固まっている証拠です。

引越屋さんも実は要注意?!

また、デスクワークなどとは逆に、重いものを持ったりする重労働をする方なども、腰痛になりやすい傾向にあります。

例えば、引っ越し屋さんのようなお仕事です。一人で冷蔵庫を持ち上げて階段を降りたり、机をえいっとトラックへ持ち上げたりしますよね。

こんな時、実は、腰にとても大きな負担がかかっています。

あらゆる大敵「運動不足」

次にあげられるのは、運動不足の方です。

いつもはデスクワークのパパが、引っ越しの時にぎっくり腰に…なんてこと、本当によくある話です。また、肥満気味や肥満の方も、腰痛には要注意です。

腰は、上半身のからだの重みを支える役目をしているので、標準体型の人よりも脂肪が付いている分だけ、腰に負担がかかっています。

肥満気味や肥満の方には、運動不足の方が多くいらっしゃるのも事実です。

筋肉は、普段から適度に使っていないと、いざという時になかなか言うことを聞いてくれません。

こうなると、ダブルパンチで腰痛の悩みから抜け出せなくなってしまう可能性があります。適度な運動、適度な食事制限で、健康な体を取り戻しましょう。

この他にも、体がかたい方や、冷え性の方なども、腰痛になりやすい方と言われています。
温かいお風呂に入って血行促進、上がった後はストレッチなどで筋肉をしっかり伸ばしましょう。
浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『腰痛』で悩む方のための施術・ご相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)