顎(あご)の不具合が「肩」にまで影響する?!その理由と改善策を知ろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。からだ回復センターの下條進です。

今回は、顎関節症が肩こりと密接に関係している!というお話をしたいと思います。

顎関節症って何?顎関節症について知ろう!

顎関節症という症状はみなさんお分かりのように、顎(あご)の関節に異常がある症状のことです。

かたい食べ物をかんだら顎がはずれたり、痛みを伴う場合は要注意。また、口を大きく開けられないという方も、顎関節症の可能性があります。

痛みがひどい場合はすぐに気づきますが、ちょっとした痛みだけですぐに治ってしまうと、あまり病気であることは疑いませんよね。

症状が軽度の場合はつい見落としてしまいがちですが、時間をかけて重度の症状へと悪化する可能性もありますので

  • なんだかカクカクする
  • 顎まわりに違和感がある

といった場合には、お気軽にご相談いただければと思います。

ちなみにですが、顎関節症は、年齢に関係なく現れるものですので、小さいお子様などでも注意して見てあげることをおすすめいたします。

顎関節症と肩こりは、切っても切れない関係?!

さて、顎関節症と肩こりとの関係についてお話します。

顎と肩・・・一見関係ないように思われる部位どうしですが、意外や意外、顎関節症の症状が出る人には、肩こりを訴える人が多いのが現状です。

それは、顎と肩をつなげている筋肉があるからなのです。

顎周りが正常でない人の場合、顎の筋肉が緊張していることが多いため、その張りや痛みが肩へと伝わってしまいます。

また、顎の痛みをこらえるために肩をこわばらせてしまう人も多く、肩こりはそのような不自然な状態からも発生してしまいます。

顎関節症による肩こりをお持ちの方は、まず顎と肩をつなげる首まわりをゆるめることで痛みやこりが緩和されます。もちろん、肩を直接ゆるめても効果はありますよ。

また、日頃のご自身の姿勢にも気を配り、なるべく猫背にならないよう胸をはりお腹に力を入れてまっすぐできれいな背筋を保ちましょう。

もちろん、適度に体を動かすのも◎です。特に手を少し大きめに振ると、肩周りもゆるんで心地よさが戻ってくるでしょう。

姿勢の矯正が難しかったり、首まわりのゆるめ方を知りたい!という場合には、ぜひからだ回復センターにお越しいただければと思います。

根本から改善する施術をご提供可能です!

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『顎関節症』や『肩こり』で悩む方のための施術・ご相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)