【働き盛りの男性は要注意!】「群発性頭痛」の原因と症状を知って、早めに対処しましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。からだ回復センターの下條進です。

今回は、頭痛シリーズから「群発性頭痛」についてご説明できればと思います。

特に男性は要注意!群発性頭痛の症状とは?

群発性頭痛は、片頭痛や緊張性頭痛と同じ慢性的な頭痛の一つです。特に働き盛りの男性に症状が現れることが多く、突き刺すような痛みが1~数ケ月間続くのが特徴です。

痛みは片側目の奥やその周りに現れ、目の充血や涙を伴います。また、痛みがひどい場合は鼻水が出たり、同時に汗をかいたりすることもあります。

群発性頭痛は、群発地震のように1~数ケ月間続き(群発期)、おさまったかと思うとまた数年後に突然同じように痛みだします。

緊張性頭痛は日常生活に支障がない程度の頭痛ですが、群発性頭痛は痛みが激しく、じっとしていることができません。寝ている間に痛みを感じ、起きてしまうことも多々あります。

群発性頭痛になる原因

群発性頭痛の原因は、片頭痛のように頭の血管が拡張することによるものとされています。ただ、偏頭痛と違う点は、群発性頭痛の場合は痛む位置が特定されており、目の奥を通っている血管が拡張することによって引き起こされます。

また、群発期にアルコールを飲むと、必ずと言ってよいほど頭痛の症状が現れます。アルコールの他にも、タバコを吸った時なども要注意です。

このように、飲みすぎ、食べ過ぎ、タバコの吸いすぎなど、あまりよくない生活習慣に陥っていると、群発性頭痛を発症しやすいので、気を付けてくださいね。

酸素が大事!群発性頭痛の治療法

群発性頭痛の治療法は、100%の純酸素を吸入する方法です。

頭痛薬などの鎮痛薬ではおさまらないことが多いので、”おかしいな?”と思ったら、まずは医療機関へ相談しましょう。帰宅時には、酸素ボンベや酸素マスクなどの貸し出しができ、以降自宅で発症した時もすぐに対処することができるようになりますよ。

このように、群発性頭痛はほかの頭痛と比べて重症度が高い症状です。思い当たる節が見つかったら、すぐにお医者さんへ駆けつけてください。このような痛みを発症しないためにも、健康的でリラックスした生活をこころがけることが大切です!

浦和・大宮・北浦和・与野の4店舗で「骨盤リセット整体」を提供するからだ回復センターでは、『頭痛』で悩む方のための施術・相談に対応しております!
お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 浦和院:048-825-1311(浦和駅西口徒歩3分)
  • 大宮院:048-687-7895(片柳郵便局バス停前)
  • 与野院:048-832-5555(JR与野駅東口徒歩4分)
  • 北浦和院:048-886-1686(JR北浦和駅東口徒歩1分)